瞑想を覚醒させる魔法 最強瞑想法は日本にあり

脳覚醒瞑想 超変性瞑想 瞬間瞑想 瞑想トランス 様々な名称を持つ岩波英知先生の瞑想法の紹介。日本で唯一の誘導瞑想法の特殊な体験記を書いているブログ。世界最強の瞑想を体験したいと考えている人は必見。

瞑想状態からさらなる覚醒の深みになる方法 潜在意識の覚醒方法

岩波英知先生の瞑想覚醒方法、潜在意識覚醒方法の効果と評判

瞑想覚醒方法、潜在意識覚醒方法

いつまで経っても、瞑想が深まらない。
覚醒したいけれど、理性ばっかりが肥大化する。
最初の瞑想への期待感が潰え、しかし捨てることも怖くて、いつまでもダラダラ惰性に続けている

 

こうして多くの人は、瞑想に幻滅を感じる。
しかし、幻滅する対象は瞑想法ではない。
何より自分自身にがっかりする。

 

瞑想から効果を少しも感じ取れない。
苦痛、退屈、雑念ばかりとの戦いに入る。
少しも気持ちよくならないし、神秘体験も来ない。
達観、気付き、悟りに至らない。

 

 

惰性化した瞑想状態から離れられないのは、自分を捨てられないからだ。
しかし、捨てられない。
捨てたいけれど、捨てることが怖い。
意識的には捨てようと思っても、無意識的に自分を守ってしまう。

 

だから、いつまでも一線を越えられず、突き抜けられない自分に心のどこかで幻滅していく。
瞑想を経てパワーアップするつもりが、パワーダウンしてしまう。

 

 

瞑想とは残酷なものだ。
自分の無力感に打ちのめされやすい。


 

だからこそ、ロケット的な爆発力が必要だ。
自分というリミッターやストッパーを劇的に打ち壊すほどの推進力がなければならない。

 

瞑想が劇的に深まるとき、いわば覚醒するとき、自分という殻を散々打ち壊さないといけない。
これまでの固定観念、常識、理性、防衛本能、自分で無意識的に決めている限界、これらのリミッターを外すためには、誘導されたほうが手っ取り早い。

 

瞑想には師匠が必要だ。
迷いやすいから、導ける人の存在が大事だ。
いつでも軌道修正してくれる。

 

多くの瞑想指導者(ヨガや座禅も含む)は、自ら苦労して瞑想から効果を引き出しています。
だからこそ、人を導けるわけだけど、限界もあります。

 

いくら瞑想の達人が経験値が豊富だとしても、同じ人格でも精神でもなく、他人にはそのコツが適用できないという問題があります。
瞑想状態が突き抜けるまでに覚醒した人が、人を覚醒させられる保証はありません。

 

あくまで突き抜けるのは己の脳のみなのだ。
いくらありがたいアドバイスを貰っても、せいぜい軌道修正がいいところで、それも必要なものだけど、突き抜けるまでは行かない。

 

だからこそ、言い方は悪いけれど、強制的な瞑想の極地に至る方法が一番だ。
その後から、自力で瞑想状態の深まりを追求していけばいい。

 

 

brainsan.hateblo.jp

 

 

brainsan.hateblo.jp

 

 

brainsan.hateblo.jp

 

 

brainsan.hateblo.jp

 

 

brainsan.hateblo.jp