瞑想を覚醒させる魔法 最強瞑想法は日本にあり

脳覚醒瞑想 超変性瞑想 瞬間瞑想 瞑想トランス 様々な名称を持つ岩波英知先生の瞑想法の紹介。日本で唯一の誘導瞑想法の特殊な体験記を書いているブログ。世界最強の瞑想を体験したいと考えている人は必見。

瞑想が行き詰まる理由と原因を探る

瞑想は時間をかけたから効果が出るわけではない

瞑想状態に入れたり効果を得るには時間をかけたからできるわけではない 瞑想の効果=時間の積み重ね だけではない 瞑想は時間をたくさんかけた人が勝ちではない。 逆にうまくいかない時間を積み重ねてしまうと、脳がやればやるほど停滞しやすい。 そこが瞑想…

瞑想状態と脳内をさらに覚醒させるためにやるべきこと、やってはいけないこと

瞑想状態、これ以上深まりが難しいと感じる人へ 瞑想で気合はいらない、必要なことはなにか? ただ在ること、受け入れること、抗わないこと、流れのままに 瞑想覚醒状態、脳覚醒状態のやばさ 思考の中に瞑想の夢を破壊する毒薬がある 自力で難しいと感じた人…

究極の瞑想状態(超変性意識)に覚醒する大事なポイントが1つ

瞑想を信じられる唯一の方程式 執着を捨てれば最高の宝物を拾える 身近な例。眠りの精神状態 なぜ人は求めてしまうのか? 瞑想がうまくいかない原因 究極の瞑想状態、超変性意識が覚醒した状態とは? 結果なんていらない、求めない。だからこそ… 瞑想を信じ…

瞑想を覚醒させる魔法がある さらなる高みへ、停滞を打ち破り瞑想の本質効果を得る方法

瞑想を覚醒させてはじめて、瞑想は瞑想になる 瞑想の達人が陥る罠 瞑想を始めたばかりの人が直面する壁 瞑想を覚醒させる魔法 自分で瞑想を深めるために必要なこと 瞑想を覚醒させてはじめて、瞑想は瞑想になる なにやら禅問答のような書き出しから始まりま…

なぜ瞑想がうまくいかないのか? 防衛本能の一線を超越することの難しさと突破する方法

瞑想は究極の無へリセットすること、しかしその現実 瞑想の理想は究極の無だという定義ができる。無になること、リセットが完全になされるということは、すべての苦悩、ストレス、苦痛からの解放であり、自由なとらわれのない心を獲得できる状態だ。 しかし…

瞑想から劇的な効果をあげることは難しそうだが、実は拍子抜けするくらい簡単である

瞑想は自分で入ろうとすると実に難しい。イライラするほど難しい。調子が良い時はいいが、毎日は続かない。毎日続かないとイライラしてくる、焦ってくるから、悪い流れに入りやすい。 あれこれ考えだすと、雑念が頭を支配し、ますます瞑想を難しくさせる。「…

最強の瞑想状態(トランス状態)に入る方法とコツ

瞑想状態に入るために、何が必要なのか?究極の集中状態?無念無想?泰然自若?すべてをあるがまま受け入れること? この答えは、すべて理性を捨てることにあると思う瞑想をしている人のイメージは、目を閉じて座禅をしている姿が思い浮かぶが、ああいうジッ…

瞑想で不安は消えるのか? 瞑想中に不安になることがあったらどう対処するべきか

瞑想は不安を消してくれる。心がやすらぎ、心の心配事や重荷がす~と消えていってくれる。瞑想が効果を発揮する時、ネガティブな感情が収縮していき、一度まっさらな精神状態になり、そこからポジティブシンキングが生まれてくる。様々な気づきが見出されて…

偽物の瞑想に騙されるな 本物の最強の瞑想状態との比較と差!

従来の瞑想法をやっていることは尊いけれど、もし本物だと思っている瞑想法が、偽物に過ぎなかったら?これほどもったいない時間はないし、この先続けてもその瞑想法で得られる効果を高めていくことはできないだろう。 いや! 実際に瞑想法を行って効果を感…

世になる数多の瞑想法の弱点:ネガティブからの解放のはずが否定的感情や不安を引き出してしまう

従来の瞑想法には効果効能もあるが、ネガティブで否定的な感情を引き出し、不安感や孤独感の塊を無意識から引き出してしまう弱点がある。瞑想なんて意味がないという人が一定の数でいるのは、そういう瞑想の危険性を知っている人だ。人は顕在意識で普段生き…

最強の瞑想状態に入れば無敵! が瞑想をいくらやっても無意識の中に入ることが無理な理由

瞑想とは『無』になること。無意識の中へ深く長く入り込むこと。無意識には様々な情報が渦巻いている。そこにすべての問題解決のヒント、そしてインスピレーションの源泉がたくさん潜んでいる。 しかし、無意識の世界には努力では入れない。瞑想をする努力が…

瞑想の表面的な効果に騙されるな。

瞑想にはいろいろな種類があるが、どの方法も心に平穏と静けさをもたらしてくれる。実際にその効果をどこも語っているが、無意識の底から抑圧がなくなった上での平穏さと、表面的に『臭いものに蓋』の平穏さは違う。もちろん、心がかき乱されている状態が毎…

あなたの瞑想が行き詰まる理由 これでは最高の瞑想状態に入れない

瞑想という行為は、座禅やヨーガやスピリチュアルや自己催眠や自律訓練法などあらゆる分野で使われている。自己啓発で取り入れている所も多いし、マインドフルネスとして社員教育に使っている有名企業も多いし、修験道の修行もある種、動きのある瞑想と言え…