読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

最強の瞑想法はこの日本にあり! 自己啓発系瞑想追求ブログ

脳覚醒瞑想 超変性瞑想 瞬間瞑想 瞑想トランス 様々な名称を持つ岩波先生の瞑想法の紹介。日本で唯一の誘導瞑想法の特殊な体験記を書いているブログになります。

悟りは求める者には降りてこない過酷な現実

トランス呼吸法と悟り

瞑想は、ある悟りを得るためにやるもの。
その悟りの次元や大小強弱と種類はあるけれど、みんな何かを発見したい、気づいてパワーアップしたい、心を整えたいと思っているのは、そんなに外れた意見ではないと思う。


だけれども、悟りというやつは、求めるものには絶対に舞い降りてくれない悲しい現実。
すごく矛盾しているけれど、要は求めているんだけど、それすら捨て去ることができる人間だけが悟りの境地に達するんだと思う

 

まだまだ次元の低い悟りだけれども、私なりに多くの悟りを得ることができた(岩波先生の言うように高尚な悟りだけが悟りではない。先生はそれを気づき、悟り的気づきと言っている)
そのどの瞬間も、やっぱり求めていたら遠のいて、それで迷って焦っての繰り返しだったの。
しかし、家でトランス呼吸法をやり続けていた時、ふと力が抜けてもうどうでもいいやーと思った時に急に「あっ!!!!」と思うことが何度もあった。

 

岩波先生の脳覚醒瞑想誘導のときもそう。
無理に自分から脳覚醒状態(トランス状態とか超変性瞑想状態)に入ろうとすると深さがなく余韻も短く、それを捨てた時、急激に全身の力が抜け、瞬間的に深い脳覚醒状態に入れる


トランス呼吸法もまったく同じ理屈で、いくら5時間呼吸法をしようが何の変化もなくただ苦痛と時間と雑念との戦いに入っていたのが、あら不思議、「もういいやどうでもいいやなるようになれよばからしいー」となった時に、にわかに呼吸法の質が向上し、ものすごい波動が出ているような息を吐けるようになったことが何度もある。

 

つまりいずれの次元の悟りにおいても、求め続けるスケベ根性と知恵のかたまりの人は排除されてしまうということ。
まあ、岩波先生の瞑想法の技術ならば、スケベ根性とか知恵とか意図的に悟ろうとする雑念のようなものの、遥か上を飛び越えてくれるから、いずれは誰であっても深い覚醒瞑想体験ができるんだけどね。

 

 過去ログです